レーザセンシング学会功労賞



レーザセンシング学会では、レーザセンシングの科学や技術の発展、あるいは学会の運営に関して、特別の功労のあった方々に功労賞を贈りその功をたたえてまいりました。(功労賞選考規程)

    これまでの功労賞受賞者
    小林喬郎 (福井大学名誉教授)
    藤原玄夫 (福岡大学名誉教授)
    岩坂泰信 (名古屋大学名誉教授)
    竹内延夫 (千葉大学名誉教授)
    前田三男 (九州大学名誉教授)
    浅井和弘 (東北工業大学名誉教授)
    板部敏和 (元情報通信研究機構)
    笹野泰弘 (元国立環境研究所)
    内野 修 (国立環境研究所)

    2022年功労賞の受賞者
    杉本伸夫 (国立環境研究所)




    レーザセンシング学会論文賞



レーザを利用した計測に関する研究等によりレーザセンシングに関わる科学と技術の発展に貢献した論文等を表彰します。表彰の前年にレーザセンシング学会誌に掲載された査読付の原著論文または解説記事を対象とします。(論文賞選考規程)




    レーザセンシング学会若手奨励賞(廣野賞



本会が主催するレーザセンシングシンポジウムにおいて優秀な論文を発表した 若手研究者を表彰します。
廣野賞選考規程) 

    これまでの廣野賞受賞者
    2021年 本間大成(東京大学)
    2020年 清水幸樹 (東京都立大学)
    2018年 三輪佳史 (三菱電機)
    2016年 吉富泰助 (宇宙航空研究開発機構)
    2015年 青木 誠 (情報通信研究機構)
    2014年 牧野利行(九州大学)
    2013年 杉本幸代(四国総合研究所)
    2012年 神 慶孝 (名古屋大学)
    2011年 染川智弘 (レーザー技術総合研究所)
    2011年 原 由香里 (国立環境研究所)
    2010年 西澤智明 (国立環境研究所)
    2009年 横山瑞保 (信州大学)
    2008年 岩井宏徳 (情報通信研究機構)